ここから本文です。

AI技術や生体認証のほか、コネクテッド・カー、5Gなど、最新技術を公開

「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2018」見どころ紹介

昨今の企業を取り巻く環境においては、ビジネスのデジタル化が浸透しており、ICTの進化によりさまざまな情報がつながることで、競争力の高いビジネスモデルやプロセスの高度化実現などによる社会価値創造への期待が高まっています。

このような環境の中、NECは「Digital Inclusion ~デジタルのチカラで、ひとりひとりが輝く社会へ~」をテーマに、11月8日(木)~9日(金)の2日間にわたり、「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2018」を開催します。NECはお客さまとともに、最先端のデジタル技術を駆使し、新たな価値や文化を生み出し、世界に変革をもたらす「デジタルのチカラ」を発揮させ、ひとりひとりが輝く社会を実現します。

展示会場では、安全・安心で、効率・公平な都市の実現を支える「NEC Safer Cities」、人やモノ、プロセスを企業・産業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」、これらを実現するためのNECのAI技術や生体認証、セキュリティ、ネットワークなど先進のソリューションやプラットフォーム、サービスをご紹介します。

ぜひこの機会に、最先端のICT、ソリューションをご体験いただき、ビジネスのヒントをお持ち帰りいただければ幸いです。

2018年11月8日(木)-11月9日(金)

9:30~18:00(展示会場は10:00~18:00)
会場:東京国際フォーラム(有楽町)

詳しくはこちら

安全・安心で効率・公平な都市の実現を支える「NEC Safer Cities」

世界の都市人口は2050年には現在の約2倍に膨れ上がると言われています。都市への人口集中は人やモノの移動を活発にし、経済を発展させる一方、新たな課題を引き起こします。NECは、安全・安心な環境で、個人の能力を最大限に発揮できる効率・公平な都市の実現に向け、「NEC Safer Cities」として、AI、IoTなどの先端技術を活用した都市への貢献を進めています。

  • 顔認証データを使って、空港でも街でもOne IDで快適に

「FAST TRAVEL/One IDの実現に向けて」のコーナーでは、空港での入国、税関、荷物検査、搭乗、出国などの手続きにおいて、顔認証技術を活用し、スムーズに行うデモを行います。

登録した顔データを一つのIDとして共通に使うことにより、ホテルのチェックイン、ショッピングやスタジアムへの入場、国内交通による移動を快適にするなど、旅行シーンでの様々な活用が期待されています。

  • 自然災害の危険を早期に察知

今年も世界各地で記録的な暑さを記録し、豪雨や水害、土砂災害、地震等、自然災害の被害が深刻なものとなっています。

今回は、土中水分量等から斜面崩壊の危険性を可視化する土砂災害予兆検知システムや、画像解析技術を使った河川監視で氾濫の危険性を察知するシステムを出展します。

また、現在総務省事業で研究開発中の、SNS情報を分析し情報提供を行う高度自然言語処理プラットフォームもご紹介します。投稿エリアを特定し、災害が起こった場所や道路の遮断等をマップで表示し、救援部隊の出動や支援物資の運搬等を支援します。

※本研究開発は、総務省の「IoT/BD/AI情報通信プラットフォーム」社会実装推進事業による委託を受けて、アビームコンサルティング株式会社が代表研究機関として実施しています。

  • 企業と行政がつながり、暮らしやビジネスが変わる

デジタル化で企業と行政がつながることにより、私たちの暮らしやビジネスはどう変わるのでしょうか。

企業や行政における手続のワンストップ化や官民連携、パーソナルデータ活用等、デジタル・ガバメントで実現される近未来のサービスイメージを、ステージとデモでご紹介します。既存の仕組みやルールを官民横断で見直すことにより実現される、より良い社会の近未来イメージをご提案します。

  • 新しいまちづくりを支えるデータ利活用基盤とソリューション

新しいまちづくりには、さまざまなデータを連携させて防災や観光、見守り、交通など新たなサービスを提供していくことが鍵になります。NECではスマートシティの基盤としてデファクトになりつつある「FIWARE(ファイウェア)」を活用した「データ利活用基盤サービス」を提供しています。

本展示では最新のデータ利活用事例や、シェアリングビジネス、ボランティア支援、インバウンド接客用多言語音声翻訳など、具体的なサービスもご紹介します。

  • ヘルスケア情報をもとにしたサービスで、健康寿命を延伸

超高齢社会に突入した日本。NECでは、ICTを使って、健康増進から発症予防、診療、重症化予防、機能維持、予後・介護までを支援するデジタルヘルスケアをご提案します。

「NEC健診結果予測シミュレーション」は、健康診断データや生活習慣データを基に分析し、数年後の健康状態を予測し生活習慣の見直しを促します。また、医療法人社団KNI様との共創による、AIを活用した医療現場改革支援の最新実証成果や、NICT委託研究による高齢者の自立生活の支援の取り組みをご紹介します。

さらに、NECは幅広い個人のヘルスケアデータを利活用可能な形式で統合・構造化し、それらのデータを民間企業等へ安全に情報共有する仕組みを提供することで、健康維持に繋がるサービスの創出を目指しています。会場では、誰でも簡単に自分の身体の健康状態を計測・評価できる「フィジカルチェックシステム」を体験デモを交えてご紹介します。ぜひお立ち寄りください。

人やモノ、プロセスを企業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を創出

世界的な人口増は、これまで以上に資源を必要とする社会の到来とも言えます。2050年には物流などのモノの移動が現在の2.4倍、食料需要は1.7倍に増加すると見込まれており、今まで以上に効率的で無駄のない生産と消費が求められます。

NECは、このような社会課題に対し、最先端のデジタル技術を活用し、お客さまとの共創活動を通じて、人やモノ、プロセスを企業・産業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」を展開していきます。

  • AIを使って、製造から販売までのバリューチェーン全体で食品ロスを削減

世界で生産される食料の1/3が食べられることなく廃棄されており、バリューチェーン全体で無駄な生産・廃棄・物流コストが発生しています。

このような個々の企業・業種だけは対応しきれない問題解決に向け、AIによる需要予測の結果をバリューチェーン全体で共有・活用できる「需給最適化プラットフォーム」を提供します。これにより、適正な生産や発注が可能となり、バリューチェーン全体の需給が最適化され、食品ロスの解決に貢献します。会場では需給最適化プラットフォームを映像やプレゼンテーションを交えてご紹介します。

製造から販売まで需給を最適化するプラットフォームで食品ロスを削減
  • AIと人が協調した未来のものづくり

多様化するお客様ニーズへの対応や、スループット向上、品質向上を実現するため、NECは先端技術とものづくり革新のノウハウを融合した未来型ものづくり「NEC DX Factory」で、製造工程全体の最適化をご提案します。

「NEC DX Factory」では、設計、部品投入、加工・搭載、組立、検査、出荷物流までの一連の流れを、AI・IoT、ロボティクスなど先進技術のデモを交えてご紹介します。「AIと人が協調する未来のものづくり」をテーマとしたプレゼンテーションと合わせてご覧ください。

NEC DX Factory内部の様子(第29回設計・製造ソリューション展)
  • 止まらない物流を支える次世代倉庫

労働力不足が深刻化する物流現場では、自動化・省力化への期待が高まっています。NECでは、AIやロボティクスによる自動ピッキングや自動搬送、出荷検品プロセスの自動化など、倉庫内の作業を省人化し、作業人員の最適配置を可能にする次世代倉庫「Future Warehouse」をご提案します。AIを活用した物流予測や最適な要員配置の見える化、独自の通信制御による協調ロボなど、人とAI/ロボットの調和がとれた未来の物流現場をデモ展示いたします。

ロボットによる自動搬送(イメージ)
  • 無人店舗でスマートなお買いもの体験

台湾セブン-イレブンが開設した台湾初の未来コンビニ「X-STORE」では、利用者の入退店と決済において、NECの顔認証や画像認識の技術が導入されています。会場でも無人店舗を模したデモ展示を行い、顔認証技術を用いたウォークスルーゲートや、画像認識技術を使ったPOS、顔認証決済で、心地よい購買をご体験いただけます。

台湾セブン-イレブン画像認識POS
  • 安全・安心なコネクテッドカー

車載センサで収集されたデータや車両情報をクラウド上のセキュアな環境へ接続し、安全で快適な運転を実現します。セキュリティとSDNの機能を搭載したコネクテッドゲートウェイの展示や、モバイルネットワーク接続で周辺情報をリアルタイムに共有することで衝突を回避したり、危険なシーンをAIが3~5秒前に予測することで安全な運転を支援するソリューションをご紹介します。ドライバーの視線推定や歩行者検知などを実現する車載AIモジュールをご覧いただきます。

実用段階のAI。すぐに試せる、導入できるAIを紹介

AIは既に実用段階へ。今回は、クラウドサービスで提供できるAI活用プラットフォームや、パッケージソフト化されたAIなどすぐに試せる、導入できるAIをデモや事例を交えてご紹介します。

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のひとつである、多種多様なデータから複数の規則性を自動で発見する異種混合学習技術。これらを内包しているAI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Platform」を使い、AI活用における検証~導入~活用フェーズをシームレスにつなぐデモを展示会場で行います。

その他にも、設計を自動化して、企業におけるデータサイエンスを飛躍的に加速する「dotData」や、センサ間の関係性から機器の異常を早期に検知する「インバリアント分析」など、すぐに使えるAIのデモをご用意しています。

「NEC the WISE」のコラボ企画&体験コーナーでは、一昨年はスナック菓子「うまい棒」とコラボし、味の好みを予測するAI、昨年はやなか珈琲とコラボし名作文学の読後感をAIがコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発、ご体験いただきました。今年も「NEC the WISE」のコラボ企画を検討しています。ご期待ください!

仮想モデルで重要施設への攻撃シナリオを生成、サイバー攻撃のリスクを診断

情報システムにおいて新しい脆弱性や攻撃手法は、日々発見されています。サイバー攻撃からシステムを守るためには最新の脆弱性・攻撃情報に基づくリスク診断が必要です。今回、重要施設のサイバー攻撃リスクを、実システムを使用することなく、仮想モデルを生成しシミュレーションすることで24時間365日診断することを可能にする、最新技術をご紹介します。

AI・VRを活用した働き方改革

6月に働き方改革法案が通過し、7月にテレワーク・デイズが実施されるなど、働き方改革に注目が集まっています。

会場ではVR空間という新たなワークプレイスの共有デモを中心に、30社以上の導入実績をベースにした事例をご紹介します。また、煩雑な作業を代行するAIが、VR空間で人と対話して、リアルタイムに業務支援を行う「Virtual Work Place」のデモを行います。深刻な労働者不足を解決するための様々なソリューションをご覧ください。

5G時代がやってくる!5Gでできることを事例でご紹介

2020年にサービス開始される次世代の通信システム「5G」、現時点では「できない」と思うような想像を超えたことが実現するかもしれません。

会場では、5G時代に向かって動き出しているNECの取り組みを、さまざまな業種のパートナー様との実証実験や共創活動を含めて分かりやすくご紹介します。お客さまとコミュニケーターと対話を通して、5G時代の新しいビジネスのアイデア創出や疑問解決などアシストします。お気軽にお立ち寄りください。

「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2018」では、これ以外にもさまざまな展示やデモのほか、著名人や有識者によるセミナーを多数用意しています。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

2018年11月8日(木)-11月9日(金)

9:30~18:00(展示会場は10:00~18:00)
会場:東京国際フォーラム(有楽町)

詳しくはこちら

本文ここまで。
ページトップ