ここから本文です。

NEC DX Factory~デジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来~
「第30回設計・製造ソリューション展 NECブース」見どころ紹介

グローバル競争による顧客ニーズの多様化、労働人口の減少等、製造業は多くの課題に直面しています。それらの課題に対して、AI・ロボットと先進技術を活用して、新たなものづくりの在り方を考え続ける必要があります。
NECグループは、2019年2月6日(水)~8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される第30回設計・製造ソリューション展(DMS)に出展します。AI/ロボティクス/IoTなどの先端技術をものづくりに取り込み、サイバー(ITシステム)とフィジカル(現場)を融合した「NEC DX Factory~デジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来~」を紹介。人材不足、マスカスタマイゼーションに対応するためのヒントがここにあります。

特別講演 お客様価値の最大化を目指したものづくり改革

グローバル競争の激化により、世界中の様々な顧客ニーズへの対応にお悩みの方は多いのではないでしょうか。
NECグループのIT・ネットワーク製品の開発・生産を担うNECプラットフォームズは、グローバルでの最適な開発・生産体制を構築すべく、日々サプライチェーン革新に取り組んでいます。今回、NECプラットフォームズ執行役員専務の大嶽がAI・IoTを活用したものづくり革新について講演。お客様への価値最大化に向けて、「グローバルサプライチェーン能力の向上」、「品質・トレーサビリティの強化」など、具体的な取り組み事例や成果を語ります。

日時:2019年2月6日(水)13:00~14:30
         ※NECプラットフォームズ講演は後半40分
講師:NECプラットフォームズ株式会社 取締役 執行役員専務 大嶽 充弘

人とAI/ロボットが協調する「NEC DX Factory」 新たなる進化

多様化する顧客ニーズや市場の需要変動に臨機応変に対応できる「変化に強いものづくり」が求められる中、昨年のDMSで大好評だったNEC DX Factory。
製造工程全体の最適化を目指し、NECの先端技術(画像認証、生体認証など)とNECのものづくり革新のノウハウを融合した次世代ものづくりを実現したデモラインです。 今回は部品投入、加工・搭載、組立、検査までの一連の流れのデモンストレーションに加え、AI製品需要予測テンプレート、AI品質分析といった「AI技術を活用した分析・予測」やロボット制御など、新しい技術を盛り込んだ内容をご紹介します。昨年ご覧いただいた方も今回初めてご覧いただく方もぜひお立ち寄りください。

人が活き活きと働くために 感情を読み取り協調する音声対話ロボット

未曾有の人材不足の中、マスカスタマイゼーションに対応するため、AIやロボットを活用したものづくりが求められています。しかしすべてをロボットにより自働化できるわけではありません。
そこでNECは人とロボットが協調するものづくりを目指し、NEC製ロボットPaPeRoを使ったデモンストレーションを紹介します。音声による入力作業の効率化に加え、作業員が付けているウェアラブル端末から感情を読み取ることで、作業者の健康状態の見える化・予測・フィードバックに活かすとともに、PaPeRoがやさしく作業員に声掛けすることにより、作業員が活き活きと働ける未来のものづくりの現場をご覧いただきます。

グローバルでのものづくりを支える スループット見える化

サプライチェーン改革を進めるうえで、モノの滞留を見える化し、その原因を調べて改善を図っていくプロセスは非常に重要です。しかし、部門ごとに取り組んでいては部分最適となり部門間で歪みが生じてしまいます。
NECのSCM Performance Monitoringは、工場内/外のサプライチェーン全体のモノの動きをグラフィカルに見える化するので、滞留箇所を全体俯瞰で特定・改善していくことができます。
全体最適でモノを流せているかを管理できるので、スループット向上の第一歩につながります。ぜひ会場にてデモをご覧ください。

第30回設計・製造ソリューション展 DMS2019

開催日:2019年2月6日(水)~8日(金)

時間:10:00~18:00 最終日のみ17:00終了

場所:東京ビッグサイト

本文ここまで。
ページトップ