ここから本文です。

リテールビジネス特集

第35回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2019」

今年は「デジタルシフトがもたらすリテールの未来」をテーマに、快適で心地よい顧客体験の実現と、より高度で効率的な店舗運営による持続可能な店舗づくりを支える「Smart Retail CX」の数々のソリューションをご紹介します。

会期:2019年3月5日(火)~2019年3月8日(金)
会場:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール

詳しくはこちら

セブン&アイ・ホールディングス様の
イノベーションを支える、NECの最新AI技術

顧客体験価値(CX)の向上が小売業の重要なテーマとなっている。大手流通グループのセブン&アイ・ホールディングス様では、デジタルを活用したCX向上に積極的に取り組んできた。一方、CX向上を阻害する大きな要因には、労働力人口の減少→個々の従業員にかかる負荷の増大という、産業界共通の課題もある。同社グループはこの課題の解決に向けて、NECと共にAIを活用した実証実験に取り組んだ。

続きはこちら

明日から始める無人販売店舗

世界的に見ても極端な少子高齢化によって人口減少社会となった日本では、さまざまな産業で労働者不足が大きな課題となっている。とりわけアルバイトやパートの従業員が重要な役割を占めている小売業では喫緊の課題だ。
2018年に開催された「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2018」では、「Smart Retail CX」と題したコーナーで、この課題を解決する「無人販売店舗」とそれを支える「店舗運営業務の効率化/マーケティング活用」の各種ソリューションを紹介した。

続きはこちら

関連記事

本文ここまで。
ページトップ