ここから本文です。

社会価値創造レポート Industry Eco-system

デジタル化で応える
サプライチェーンに求められる効率と社会的責任の両立

2017年10月27日

 都市化による消費スタイルの変化やグローバル化などによって、サプライチェーンが複雑化しています。それに伴い、環境問題や労働問題など、サプライチェーンに新たな社会課題が生じており、企業は経営の効率化と同時に、社会的責任を果たすことを求められています。それらは企業のみならず、消費者や投資家、国からの要請も強くなっています。

 このような効率化と社会的責任の両立を可能とする具体策として、デジタルテクノロジーによるサプライチェーンの透明化が注目されています。モノやお金の流れに加え、製品やサービスの安全、労働環境などまでも可視化することで、サプライチェーン全体の持続可能性を向上させる取り組みが始まっています。

 本レポートでは、今日のサプライチェーンに生じている様々な社会課題と、その解決に向けた世界的な取り組みや動向、そして、先進のデジタルテクノロジーを駆使してサプライチェーンを透明化し、効率化と社会的責任を両立するNECの取り組みを、国内外の事例を交えつつ紹介します。

このレポートをPDFでダウンロード

 NECでは社会課題とそれに向けた世の中の動きのほか、NECの考え方や取り組み、提案などをまとめ、「社会価値創造レポート」として発行しています。

関連キーワードで検索

さらに読む

この記事の評価


コメント


  • コメントへの返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、ご了承ください。
本文ここまで。
ページトップ