ここから本文です。

デジタルトランスフォーメーションによるロジスティクス革新
「国際物流総合展2018 NECブース」見どころ紹介

昨今の物流にまつわる課題として、グローバル競争の激化、深刻な労働力不足、求められるサービス水準の上昇等があげられますが、今や物流業界に留まらず、様々な業種、企業に影響を及ぼしています。
これらの課題を解決するために重要となるのが、サプライチェーン全体の最適化であり、そのサプライチェーンをつなぐロジスティクスの役割はさらに大きなものとなっています。
NECグループは、2018年9月11日(火)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催される国際物流総合展2018に出展。「デジタルトランスフォーメーションによるロジスティクス革新」をテーマに、最新のIoT・AIを活用したソリューション等、製造業/卸売業/小売業から物流業まで様々な業種にご活用いただける最新の取り組みをご紹介します。
今回は多数のソリューションの中から、おすすめの展示の見どころをご紹介します。会場にて皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

スループットを見える化し、サプライチェーン全体の最適化を支援!

サプライチェーン全体の最適化を進めると言っても、どこから手を付けたらいいか分からないという方は多いのではないでしょうか。製造業において、各工程におけるモノの滞留(淀み)を見える化し、それらを解消していくことが最適化の近道です。
NECはメーカーとして長年自社の生産革新に取り組み、IoTを活用した次世代ものづくりの在り方を自ら検証しています。そこで得られた知見を基に作られたのが、スループット向上を実現する「SCM Performance Monitoring」。
全体最適の観点で設定した、造る(工程)・運ぶ・構える(ストックポイント)の基準値と実態の値が適正か、どこに淀みがあるかを見える化することで、サプライチェーンにおける最適な流れの作り込み、スループットの最大化を実現します。
会場ではモノの動きがグラフィカルに分かるデモをご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

初出展!物流最適化をもたらす、需給最適化プラットフォームとは?

近年、社会課題として取り上げられている食品ロス・廃棄。各企業の努力だけでは解決できないほど、大きな問題となっています。
NECはこのバリューチェーン上の需要と供給のミスマッチをタイムリーに解決すべく、2018年2月にメーカー、卸・物流、販売の需給を最適化する「需給最適化プラットフォーム」の提供を開始しました。
需要予測結果や在庫情報、販売実績をサプライチェーン上の取引先企業と共有し、NECのAI技術である「異種混合学習技術」で分析。本プラットフォームをバリューチェーン全体で活用することで、予測精度の向上や情報共有スピード向上が可能になります。それにより、最適生産による過剰生産防止、在庫配置、トラック手配の最適化といった物流最適化をもたらし、バリューチェーン全体の最適化を実現します。
国際物流総合展初出展です。ぜひご覧ください。

労働力不足、解決のカギはAI!要員リソースマネジメントプラットフォーム

物流現場でも問題となっている、労働者不足や高齢化。倉庫管理や配送計画等の経験豊かな管理者や作業要員の確保が困難になっており、より効率的な業務プロセスの設計や人員配置の適正化が求められています。
今回はAI技術を活用した、働く人に合わせて業務を最適化する「要員リソースマネジメントプラットフォーム」をご紹介。需要予測に基づく要員計画、作業者のニーズや資質に合わせた最適なマッチング、庫内作業の最適化・効率化を3つのAI技術(異種混合学習、RAPID機械学習、自律適応制御)で高度化していく流れをデモ動画にてお見せします。
本プラットフォームは、倉庫運営における人員配置の最適化を行う東邦ホールディングス株式会社との実証実験にて、庫内作業のピーク時間帯に最大20%生産性を向上させるという成果も上げています。NECは本プラットフォームにより、労働力の安定的な供給をサポートし、物流業界における労働力不足問題を解決してまいります。

生体情報×IoT・AIでドライバーの安全・安心を見守り

注文した当日に商品が届く当日配達サービスをはじめ、多くの企業が配送時間の短縮化を進める中、ドライバー不足、不規則な勤務形態から、ドライバーの健康起因での事故が懸念されています。では事業所から遠く離れたドライバーの安全、健康管理をどのように行えばよいのでしょうか。
NECはウェアラブルデバイスで収集した生体情報を活用して、ドライバーを見守るソリューションをご提案します。
ウェアラブルデバイスをドライバーの腕にはめ、心拍数や体温、異常な動き等の生体情報を収集し、管理者はそのデータを元にドライバーへ休憩を提案したり、シフトの変更を行います。さらに収集した生体情報をAIで分析し、ドライバーに体調異変が予測されるとアラートが上がる仕組みも提供可能です。
今回はウェアラブルデバイスを用いた生体情報の見える化と、その情報を活用した管理者の業務活用イメージをご紹介する予定です。
物流の最前線を支えるドライバーの安全・安心のサポートにぜひご活用ください。

人とロボットの協調を実現!物流ロケーションにフィットするロボットによる搬送サービス

労働力不足が深刻化する物流現場では、自動化・省力化への期待が高まっています。
一方、自動化ロボットの導入に際しては、ロケーションや移動経路などの制約条件がある場合が多く、自動化ロボットに人や現場が合わせなければいけないケースが多々あります。

本ソリューションは、NECフィールディング株式会社 川崎テクニカルセンターにおける構内物流業務(水すまし)への導入シミュレーションを実施しています。シミュレーション結果として、現場運営の大幅な見直し、作業者の負担増、通路幅の拡幅といった自動化導入のためのコストは抑えつつ、搬送作業に関わる作業者の総作業時間を1/3以下にすることを見込んでいます。

当日は複数の機器が協調して動作するデモンストレーションをご覧いただきます。
人とロボットが協調した現場のイメージをぜひご覧下さい。

物流現場作業の省力化、効率化!物流センター向けコモノソータ

インターネットの普及に比例して、購買プロセスが変化し、インターネット経由での購買が増え続けています。それに応じて、通販事業に参入する企業も少なくありません。
NECは今回、5cmまでの厚みで多様な形状の薄物の荷物を高速に仕分けする小型ソータを出展。バルク荷物にまとめて投入できたり、個別投入時に両手で同時投入ができたり、ニーズに応じて方面別に荷物をシュートやコンテナ、スタッカ内などに集積区分ができる等、物流現場での運用を意識した機能を多数実装しています。
荷量が増大している健康食品やサプリメントの通販商品をはじめとした、小型荷物の仕分け作業の省力化に貢献します。

本文ここまで。
ページトップ