ここから本文です。

wisdom主催セミナー 

【先着400名様ご招待】「空飛ぶクルマ」wisdomセミナー

空の産業革命と呼ばれるドローン。そのドローンの新しい市場として注目されている「空飛ぶクルマ」をテーマに、wisdomで記事掲載している北米ドローン コンサルタントの小池良次氏をはじめ、「空飛ぶクルマ」の開発を手掛けるCARTIVATOR 共同代表 福澤知浩氏にご講演いただきます。また、ドローンの運用に欠かせない「空の道」の整備に向け、NECが取り組んでいるドローン運航管理システムについてもご紹介させていただきます。ぜひご聴講ください。

開催概要

日時:12月7日(金) 14:00~16:30(予定)(13:30受付開始)

会場:NEC本社ビル 講堂

参加費:無料

参加人数:先着400名

お申し込みはこちら

※申込完了後、受講票をご登録メールアドレスにご送付させていただきます。
お名刺1枚と受講票を当日ご持参ください。
お申込受付は先着順とし、定員になり次第、締め切ります。

プログラム

14:00~

「日本発の空飛ぶクルマ”SkyDrive”の開発」

2020年東京オリンピックの開会式で日本発の空飛ぶクルマのデモフライトを実現するため、日々開発を行う有志団体CARTIVATORの活動紹介。「空飛ぶクルマ」とは?そのキーテクノロジーと世界の市場、提供価値と活用方法や、開発を進める機体の特徴やロードマップ、今後の課題についてお話しします。

有志団体CARTIVATOR 共同代表

株式会社SkyDrive 代表取締役

福澤 知浩氏

14:45~

「空の道」をつくり、未来の空を守る
~NECのドローン運航管理システムの取り組み~

NECは航空管制システムの事業をしており空の安全を守ってきました。多数のドローンが安全・安心に飛び交う世界の実現に向けNECではドローンのための運航管理システムの開発に取り組んでいます。今回のセミナーでは開発中の運航管理システムを紹介いたします。

NEC 未来都市づくり推進本部 ロボットエバンジェリスト

西沢 俊広

15:30~

空飛ぶクルマと都市型航空交通システムの最新動向

昨年来、欧米では「空飛ぶクルマ(eVTOL、電動垂直離着陸機)」の開発で激しい競争を展開しています。ドイツでは、リリウム社とボロコプター社がパイロットによる有人飛行に成功し、現在実験飛行を繰り返す一方、米国ではグーグルの共同創業者ラリー・ページ氏が支援するサイドキック社のCaroが、ニュージーランドで機体認証テストに着手しています。また、日本のトヨタ自動車が出資して注目を浴びるジョビー社のS4もカリフォルニアで有人飛行試験を続けています。
一方、2020年代半ばにeVTOLビジネス実現を狙うウーバー社は大規模な都市航空交通(UAM)構想の実現に向かっています。今回は、eVTOLが切り開く近距離の新航空交通システムを紹介しながら、日本における可能性を検討してみましょう。

キーポイント
・eVTOLの基礎知識と諸外国の開発状況
・ウーバー・エレベートにみるUAMモデル

米アエリアル・イノベーションCEO

小池 良次氏

講演者プロフィール

福澤 知浩氏

有志団体CARTIVATOR 共同代表
株式会社SkyDrive 代表取締役

2010 東京大学 工学部卒業
2010 トヨタ自動車入社
2017 福澤商店株式会社設立
  • 中小企業を中心とした製造業の経営コンサルティング
2018 株式会社SkyDrive設立
小池 良次氏

米アエリアル・イノベーションCEO

  • 商業無人飛行機システムおよび情報通信システムを専門とするリサーチャーおよびコンサルタント。
  • 情報通信ネットワーク産業協会にて米国情報通信に関する研究会を主催
  • 早大IT戦略研究所客員研究員
  • 国際大学グローコム・シニアーフェロー
  • 情報通信総合研究所上席リサーチャー

主著:『ドローンビジネス調査報告書2016』『USドローンビジネスレポート」「クラウドの未来」ほか
西沢 俊広

NEC 未来都市づくり推進本部 ロボットエバンジェリスト

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が推進する「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」の研究テーマである「安心・安全で効率的な物流などのサービスを実現する運航管理システムの研究開発」の研究責任者。博士(工学)。

お申し込みはこちら

※申込完了後、受講票をご登録メールアドレスにご送付させていただきます。
お名刺1枚と受講票を当日ご持参ください。
お申込受付は先着順とし、定員になり次第、締め切ります。

みなさまのお申込み、お待ちしております。

(画像提供: CARTIVATOR)

本文ここまで。
ページトップ