ここから本文です。

2021年03月25日

カギは自分自身?
図解で知るデジタル社会を支える生体認証

 スマートフォンやパソコンなどで活用され、身近になった生体認証。自分自身をカギにするこの技術は、デジタル化が進む社会において注目度がますます高まっています。私たちの暮らしに、なぜ生体認証が求められるのでしょうか。さまざまな認証技術の特徴や国内外の活用事例を見ていきながら、デジタル社会を支える技術としての生体認証を紐解いていきます。

図解で知る生体認証
急速に進む社会のデジタル化
デジタル化によって新たなビジネスモデルが登場、くらしはより豊かに
デジタル化によって懸念される課題もある
安全・安心なデジタル社会を実現するセキュリティ技術としての生体認証
生体認証は自分自身をカギにする
生体認証のメリット
くらしに欠かせない技術となっていく生体認証
世界に先駆けて生体認証技術の研究開発を進めてきたNEC
NECの生体認証への取り組み
世界No.1の精度
NECの生体認証「Bio-IDiom」
顔認証
虹彩認証
指紋・掌紋認証
指静脈認証
声認証
耳音響認証
NECはこれらの生体認証を使い分けたり、組み合わせることで、高精度と高い利便性を実現しています
マルチモーダル生体認証
安全性と利便性を実現するマルチモーダル生体認証
約70の国や地域にシステムを導入
13億人に公平な社会サービスを
スマートな搭乗手続きで空の旅へ
安全・安心なホテル利用を実現
くらしに寄り添うセキュリティサービス
生体情報を利用した口座開設
顔認証でおもてなし
NECグループ AIと人権に関するポリシー
NECは生体認証を用いて安全・安心で公平・効率的な社会を実現します

生体認証資料ダウンロード:NECの生体認証について

目次

急速に進むデジタル化の波
デジタル化の波が起こす変化
NECの価値創造の考え方
生体認証で変わる社会・生活
NECの生体認証が目指す世界ほか
NECの生体認証への取り組み、世界No.1の生体認証技術など
生体認証事業のグローバル展開実績、お客様事例
さまざまな認証方法など

ダウンロードはこちら

関連キーワードで検索

さらに読む

この記事の評価


コメント


  • コメントへの返信は差し上げておりません。また、いただいたコメントはプロモーション等で活用させていただく場合がありますので、ご了承ください。
本文ここまで。
ページトップ