ここから本文です。

社会課題を解決するイノベーション
FinTech関連キーワード・記事まとめ

FinTechという言葉を目にする機会が増え、世界中で金融サービスのイノベーションが起っている。この記事では、近年のFinTechの以下3つのトレンド・キーワードと関連記事の紹介をする。

1.ブロックチェーン

 ブロックチェーンは、仮想通貨ビットコインの基幹技術として認識され始めたため、金融の領域と結び付けられることが多い。しかし、ブロックチェーンの特長であるデータの改ざん耐性と透明性の高さは、金融の領域だけでなく、医療・法務・物流などあらゆる分野へ応用が効くとされ、注目されている技術である。

関連リンク

ブロックチェーン - Digital Lifeの信頼源

巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?

SBIホールディングス、SBI BITS、NECの3社共同で、ブロックチェーン技術を活用した顧客確認(KYC)業務の実証実験を開始 (プレスリリース)

2.エコシステム形成を支えるオープンAPIの動き

 2017年6月に公布された改正銀行法で、銀行などにオープンAPI導入の努力義務が課された。オープンAPIは、金融機関とFinTech企業などのデータ連携を可能にするため、業種内連携や異業種間連携によるエコシステム社会の形成を促し、新しいビジネスを生み出す。

 また、それらを支える動きとして、国内外を問わず、投資家による起業家への積極的な投資の動きや、大学による起業家教育の動きも広がってきており、例えば、米国のシリコンバレーやボストンのような、人とテクノロジーが集まる地域では、日々多くの企業が生まれている。

関連リンク

オープンAPIで切り開く金融デジタル化と安心安全

地域にどんなエコシステムを作るかが問われる

長崎発 「FinTech」は離島活性化の起爆剤となるのか 電子化された地域通貨「しまとく通貨」の挑戦

Connected Industries"を加速する金融機関向け「API連携プラットフォームサービス」の提供開始(プレスリリース)

3.デジタルアイデンティティと新しい認証技術

 デジタル化とテクノロジーの進化によって、個人の様々な属性がデジタル化され、人は、自分自身をデジタルアイデンティティとして表すことができるようになってきた。

 ネットワーク上で、より安全・安心にデジタルアイデンティティを活用するには、生体認証などのパスワードに代わる新たな認証技術を活用する場面が出てくる。

関連リンク

Digital Identity. デジタル世界の本人確認

顔認証ソリューションが金融サービスを進化させる──三井住友フィナンシャルグループの実証実験に見る「手ぶら決済」の可能性

本文ここまで。
ページトップ