ここから本文です。

次世代中国 一歩先の大市場を読む

「信用」が中国人を変える
スマホ時代の中国版信用情報システムの「凄み」

2017年04月11日

「品行方正な中国人」が急増する?

 中国では今、個人の信用情報を活用し、人々の日常行動を管理する動きが加速している。

 ざっくり言うと、政府と民間企業が協力して全ての国民の信用情報を収集、分析し、いわば「丸裸」の状態にした上で、「信用」をテコに人々の行動を変えていく。「信用が低いと何もできないが、信用が高ければ非常に暮らしやすい」社会を意図的に構築する──ということである。信用情報のネガティブ面のチェックよりも、行動を「良い方向」に導こうという明確な意図を持っている点に大きな特徴がある。

 それが可能な背景には、中国社会のプライバシーに関する観念の違いがある。「快適かつ安全な社会の実現はプライバシーに優先する」のが現在の中国社会のコンセンサスである。

 個人の信用度によって個人の「できること」に大きな格差がつく。公開される信用度が高ければ、生活の様々な面でメリットを享受できる反面、例えば「公共料金の支払い遅延を繰り返すと、航空機や高速鉄道に乗れなくなる」「レンタル自転車の返却規定違反を繰り返すと、賃貸契約を拒否される」といった事態が現実化しようとしている。

 悪いことをしようとしてもできない(リスクが高すぎる)社会、人を騙そうとしても騙せない(割が悪すぎる)社会をデジタル的につくり上げ、「ルールを守り、真面目にコツコツやったほうが結局はトクだ」という仕組みで、社会をがんじがらめにする。そうすることで否応なく人に「良い行動」をさせる。やや極端に言うと、そういう壮大な試みが、いま全土で進行中だ。

 このままいくと、そう遠くない将来、中国は品行方正な人だらけになるかもしれない──。今回はそういうお話である。

電子決済システムが覆う日常生活

 中国ではスマホベースの決済手段が広く浸透していることはお聞き及びと思う。代表的なものがアリババグループの「アリペイ(Alipay、支付宝)」である。仕組みの詳細は省くが、アリペイおよび競合のテンセントが提供するウィチャットペイ(WeChatPay、微信支付)は、すでに現金にとって代わるほどの日常的な支払い手段になっている。

 物販や飲食などリアル店舗やネットショッピングでの支払いのみならず、納税や年金授受、電話料金など各種公共料金の支払い、ローンの返済、列車や飛行機、ホテルなどの予約・支払い(デポジット機能も含む)、個人間の中国版お年玉「紅包(ホンバオ)」や慶弔金などの授受、金銭の貸し借りなどあらゆる決済の中核を担う。個人の余裕資金の運用商品や日本でいう消費者金融のような仕組みもある。中国での日常的生活はスマホ決済なしでは不便で仕方がない。筆者も日常的に使用しているが、どちらかのアプリに一定のお金がチャージしてあれば、現金はほぼ不要だ。

地下鉄の券売機でも「現金使用不可」、デジタルマネー専用機が増えている

スマホ版信用情報サービスが急拡大

 ここではアリペイを中心に話を進めるが、アリペイには付随機能として「芝麻信用」という信用情報管理システムがある。「芝麻」とは中国でゴマ(胡麻)のこと。おとぎ話の「アリババと40人の盗賊」で「開けゴマ」という呪文が使われるのにちなみ、「ゴマで(将来の可能性が)開かれる」という意味を持たせてある。

 前述したようにアリペイはすでに個人の金銭授受のほとんど全領域に関与している。購買履歴や資産、納税、公共料金などの支払い状況、もし借入金があれば、その詳細、返済に関するホワイト、ブラック情報なども把握できる。極端な例では交通違反の反則金の納付状況までわかる。さらに個人間の資金のやり取りも記録に残るので、どのような社会階層、どのような資産状況の人間と日常的な交友があるのかもわかる。

 「芝麻信用」はアリペイでの支払い履歴(ホワイトおよびブラック情報)のほか、個人の学歴や職歴、マイカーや住宅など資産の保有状況、交遊関係などをポイント化。信用度を350~950点の範囲で格付けし、その点数を与信や金利優遇などの判断材料にするほか、本人にも公開している。学歴や資産状況などの入力は任意だが、信用度の指数が上がるとメリットが大きいので、「自分は好条件」と思っている人ほど積極的に入力する傾向がある。

「芝麻信用」の評価点数ページ。5項目で本人の信用等級を評価する

 信用の点数化は5つの領域──〈1〉身分特質(ステイタスや高級品消費など)〈2〉履約能力(過去の支払い履行能力)〈3〉信用歴史(クレジットヒストリー)〈4〉人脈関係(交友関係)〈5〉行為偏好(消費面の際立った特徴)に分けて行われている。上から950~700が「信用極好」、699~650が「信用優秀」、649~600が「信用良好」、599~550が「信用中等」、549~350が「信用較差(やや劣る)」である。

 子細に見ると、699~650の「信用優秀」、649~600の「信用良好」および599~550の「信用中等」の3つは点数帯の幅が50点と狭く、多くの利用者はこの範囲に集中するらしいことが読み取れる。つまり評価600~649の「信用良好」あたりが標準で、550を切ると努力が必要、逆に評価が700の大台に乗っていれば、かなりいい線を行っていることになる。

 評価の具体的基準は明らかにされていないが、公式コメントでは、評価点数を上げるには税金や公共料金、家賃などをきちんと納付すること、信用力の高い友人と多く付き合うこと、なるべく金銭の「入り」を増やし、支出を計画的に行うこと──としている。自分の現在の点数は「芝麻信用」のアプリを開けば個人ページですぐに見ることができる。点数の改定は毎月上旬に行われ、まるで成績表をもらうように、ドキドキしながらアプリを開いてみるという人が増えている。

関連キーワードで検索

さらに読む

本文ここまで。
ページトップ