ここから本文です。

クリエイター 齋藤 精一 特集

企業経営からまちづくり、国家的イベントに至るまで、あらゆる分野で「デザイン」の視点を導入する動きが進む中、最先端のメディアアートと産業・企業とのコラボレーションを展開する、クリエイター集団・パノラマティクス。時代の一大転換期を迎えた日本社会に、デザインはどのようなインパクトをもたらすのか、新しいビジネスの在り方のヒントを齋藤氏に語っていただきます。

齋藤 精一(さいとう せいいち)氏

パノラマティクス(旧 ライゾマティクス・アーキテクチャー)主宰
1975年神奈川県生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。
03年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのを機に帰国。
フリーランスとして活動後、06年株式会社ライゾマティクスを設立。
16年から社内の3部門のひとつ「アーキテクチャー部門」を率い、2020年社内組織変更では「パノラマティクス」へと改める。
2018-2021年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2020年ドバイ万博 日本館クリエイティブ・アドバイザー。2025年大阪・関西万博People’s Living Labクリエイター。

その他の連載を見る

本文ここまで。
ページトップ