ここから本文です。

ものづくり特集

NEC DX Factory~デジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来~
「第30回設計・製造ソリューション展 NECブース」見どころ紹介

グローバル競争による顧客ニーズの多様化、労働人口の減少等、製造業は多くの課題に直面しています。それらの課題に対して、AI・ロボットと先進技術を活用して、新たなものづくりの在り方を考え続ける必要があります。
NECグループは、2019年2月6日(水)~8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される第30回設計・製造ソリューション展(DMS)に出展します。AI/ロボティクス/IoTなどの先端技術をものづくりに取り込み、サイバー(ITシステム)とフィジカル(現場)を融合した「NEC DX Factory~デジタルトランスフォーメーションが変えるものづくりの未来~」を紹介。人材不足、マスカスタマイゼーションに対応するためのヒントがここにあります。

今回は特におすすめのセミナーの聞きどころや展示の見どころを紹介します。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

詳しくはこちら

注目コンテンツ

米製造業において加速するIoT活用 ~ 北米業界最新動向 ~

織田 浩一 氏

IoT支出の最も多い業界、それが製造業である。業界は常に新しいテクノロジーを導入し、製造効率やムダをなくすための努力を行ってきたが、重厚な製造装置とネットの相性があまり良いわけではなかった。そこにIoTというソリューションが現れて、その普及が急速に進んでいる。成長を続けるアメリカ製造業におけるIoT活用の最新動向と、それがもたらす未来の展望とは?

続きはこちら

関連コラム

関連ページ

本文ここまで。
ページトップ