ここから本文です。

働き方改革特集

 少子高齢化による労働人口の減少や育児・介護との両立などを受け「働き方改革」の考えが求められ、2019年4月には改正労働基準法が施行されました。「働き方改革」には1. 労働時間の是正、2. 正規、非正規間の格差解消、3. 多様で柔軟な働き方の実現の3つの柱があり、これらを実現するために各社は知恵を絞り、試行錯誤を重ねています。

 働き方改革の目的は、生産性向上や業務効率アップにとどまらず、従業員の自己実現、そしてイノベーションの創出につながることが重要です。社員一人ひとりの能力や価値を高め、やりがいもって働き成長することが、企業成長・イノベーション創出につながると考えます。

働き方改革

その他の記事を見る

本文ここまで。
ページトップ